大腸がんを克服して健康的な生活|希望を捨てずに挑戦

病院

聴神経にできる良性腫瘍

女性

放射線療法が人気を集める

聴神経腫瘍の治療には、手術療法や放射線療法が主に使用されています。その2つの中でも、放射線療法が人気を集めています。その理由としては、放射線療法ではガンマナイフやサイバーナイフなどの特殊な機器を使用する方法やがんの治療に使用される分割照射法などといった2つの方法が使用されている点にあります。これらの治療法は、体への負担が少なく、体内への侵食が少ないため、体力のない患者さんや高齢者や他の持病を患っている患者さんであっても受ける事が出来る事が挙げられます。また、治療に使う時間も短くて済むため、すぐに治療を受ける事が出来ます。しかし、体力がない訳でもなく、持病も持っていない若い患者さんである場合には、手術による治療を受けた方が良いと言われています。

現れる症状

聴神経腫瘍とは、内耳と脳を繋いでいる聴神経にできた腫瘍の事を言います。聴神経腫瘍は、前庭神経に良性腫瘍ができるため、めまいが起こるというイメージが強いと思われがちなのですが、実はめまいが見られる事は少なく、他の部位に症状が現れるのが聴神経腫瘍の特徴的な症状です。しかし、聴神経腫瘍によってめまいの症状が出たのであれば、内耳の血流を腫瘍が妨げているという状態になっているという事が分かっています。従来であれば、聴神経腫瘍はゆっくりと進行し、脳腫瘍として見つかってから治療が行われる事が多かったのですが、近年では、医療技術が進み、早期のうちから聴神経腫瘍を発見する事が出来るようになりました。また、腫瘍を残す事なく確実な手術が行えるという事も言われています。