大腸がんを克服して健康的な生活|希望を捨てずに挑戦

病院

乳房を知ることができる

看護師

検診の種類とは

乳がん検診は近年注目されている検診の一つです。しかし日本においては認知度がまだまだ低く、実際に検診を受ける方も少ないのが現状です。乳がん検診は自治体によっては無料、もしくは低料金で受けることができます。検診内容としては触診、超音波検査、マンモグラフィ検査があります。触診によってしこりの有無を確認し、さらに超音波検査によって乳房の中を見ます。乳腺がしっかりしている若い方向けですが、どの年齢でもまず超音波にてしこりや病変の有無を見ます。この時点でしこりがあるかどうか、そのしこりが良性の物か悪性の物かがわかることがあります。マンモグラフィは乳房をプラスチックの板で圧迫し平たくして行う乳がん検診方法です。X線を用いて行う検査で、乳腺がしっかりしている場合は痛みを伴うことがあります。ですが、石灰化している小さな乳がん細胞や乳房の良性疾患に関しても見つけることができ、超音波よりも正確に判断することができます。

自己チェックも大切

乳がん検診は視診、触診、超音波検査、マンモグラフィ検査とあります。マンモグラフィは年齢制限を設けている場合が多く、若い方では受けられないことがあります。これはマンモグラフィの特徴として乳腺が発達している場合はわかりにくいことがあり、若い方ではより正確に判断するのが難しいからです。ですが、乳がんは40代をすぎるとなる方がぐっと増えますが、近年では若い方でもなることが多くなっています。そのため、検診だけでなく、日ごろから自分でチェックすることも大切になってきます。自分でのチェック方法は入浴時や睡眠前に行うのが良いでしょう。片手を頭上にあげ、もう片方の手でゆっくりと乳房を触っていきます。その際乳腺が張ってしまう生理前は避けるようにしましょう。しこりがある場合は何らかの疾患があることが多いので乳腺外科を受診するようにします。