大腸がんを克服して健康的な生活|希望を捨てずに挑戦

病院

のどにできるがん

医者

発生部位によって違う症状

咽頭がんについてご存知でしょうか。咽頭とは喉頭と並んで、俗にのどと呼ばれている部分のことです。ただし、喉頭に比べると咽頭の方がはるかに長く、鼻腔の奥から食道の入り口にまで達するため、上中下に分かれており、それぞれの部位によって発生するがんも異なって来ます。上部に発生するのを上咽頭がんといい、最初は耳閉感があって、中耳炎と間違えられることもあります。また鼻血も見られます。これに対して中部に発生する中咽頭がんは、のどの痛みがあり、扁桃肥大と間違えられることが多いです。また、悪性リンパ腫となることもあります。下部のがんは下咽頭がんと呼ばれ、食道がんと重複することもあります。このように、他ののどの病気と混同しやすいがんであるため、異常が続く場合は早めに検査を受けるようにしましょう。

検査方法と治療

検査方法は、部位によって多少の違いがあります。上咽頭がんや下咽頭がんは、直接目で確かめることができないので、内視鏡が用いられます。一方中咽頭がんは、視診や触診が可能です。他にもがんの広がり方や転移を調べるために、MRIやCTが使われることもあります。上咽頭がんの治療は、手術よりも放射線治療と抗がん剤が用いられます。また中咽頭がんの場合は、あまり進行していない場合は放射線、進行している場合は手術となります。下咽頭がんの場合はまず手術で、この場合は特に喉頭も摘出するため、再建手術が必要になり、また音声機能を失います。しかしがんがあまり広がっていない場合は、音声機能を失わないように喉頭を温存する方法もあります。また放射線治療の場合は、唾液腺の分泌障害を防ぐため、強度変調治療が用いられます。