大腸がんを克服して健康的な生活|希望を捨てずに挑戦

nurse

聴神経にできる良性腫瘍

女性

聴神経腫瘍とは内耳と脳を繋いでいる聴神経に良性腫瘍ができるという病気であり、めまいが起きるのは滅多にないという事が分かります。放射線療法による治療を行う事が他の持病を持つ人や体力のない人や高齢者には人気であるという事が言われています。

詳細へ

乳房を知ることができる

看護師

乳がん検診には視診、触診、超音波検査、マンモグラフィがあります。超音波検査は痛みを伴わず乳房の様子を見ることができます。マンモグラフィは乳房を平たくするため痛みを伴いますがより正確にしこりの有無を見ることができます。

詳細へ

高死亡率のがん

医者

がんの特徴

大腸がんは、死亡者数、罹患者数ともに増え続けています。原因は、食生活の欧米化や肥満や運動不足、たばこ、飲酒などの嗜好品に加え、遺伝によるものもあります。また、便秘など、腸内環境の悪化も深くかかわっています。大腸がんの症状は、血便や下血、細い便に下痢と便秘を繰り返すなどの便の症状が挙げられます。また、貧血や腹痛などの体調不良も症状として挙げられるでしょう。大腸がんで便に血がつくのはよくあることなので、排便後に血が出ていることに気がついたら、すぐに病院を受診しましょう。大腸がんは早期に発見できれば予後は良好で、ほぼ100%に近い治癒率を誇ります。しかし、発見時はすでに進行している場合が多く、転移しやすいがんなので、すでに転移していることがあります。そのため、上記にあげた症状がなくても、お腹に違和感があると感じたら病院を受診しましょう。ただの便秘だと思っていても、思わぬ病気が隠れているかもしれません。

大切なこと

日常生活で注意する点は、やはり食習慣、運動習慣です。また、たばこなどの日常生活での良くない習慣も改善する必要があります。脂質のとりすぎ、食べ過ぎを改善し、食物繊維や乳酸菌などで腸内環境を整えましょう。肥満の場合は運動も取り入れ、少しずつでもいいので肥満を解消しましょう。これらは大腸がんだけでなく、他の生活習慣病の予防にも効果があります。また、定期的な検査を怠らないことが大切です。忙しいと検査を受けるのが億劫になりますが、万が一再発し、悪化した場合の方が身体的、精神的にも苦痛ですし、治療の時間や費用もかかります。そして、手遅れになることもあります。自己管理と定期的な検査、違和感があればすぐに病院を受診することが何よりも大切です。

のどにできるがん

医者

咽頭がんとは、のどの一部である咽頭に発生するもので、上部、中部、下部でそれぞれ症状が異なり、他の病気と間違うこともあるため、異常が続く時は早めに検査を受けましょう。また検査方法や治療方法も各部位によって異なり、たとえば手術を優先する場合もあれば、放射線治療と抗がん剤で治すものもあります。

詳細へ